Magixia チップ
Magixiaチップの2つの主要機能ブロック

DOORs Engine (Direct Object Oriented Reality System)

  • リアルタイム2D-3D変換
  • 速度60fpsで4Kのデプスマップ作成
  • 動的オブジェクト映像
  • 静的オブジェクト映像
  • 点群の自由視点映像
  • 輪郭マップ

Algorist (Ultra High Speed Hash Processor)

  • 1秒当たり128 ギガ SHA-256
  • DDR4 / 5のリアルタイムデータ処理
  • データの圧縮と重複排除
  • タペストリー交換
  • サイファー化をブロック
  • プログラマブルASICセル

Magixia Chip -超高速リアリティ・データ・プロセッサ

  • 50ミリ秒未満のインターネット往復遅延
  • 3ミリ秒以内の低遅延4Kビデオ圧縮
  • DRAMおよびインターネットバス上のリアルタイムデータ圧縮
  • 任意のタイプのテンパリングに対するハードコーディングされたネットワークインタフェース
  • 同時バスアーキテクチャによる待機なしで同時に動作するすべてのインタフェース
  • すべてのネットワークトランザクションで前方誤り訂正

Magixia チップ – ブロックダイアグラム

null