「何を見た?」を知らせるカメラ-見ているものをテキストで送信

DOORs技術は、カメラがクラウド側やユーザー側に「何を見たか」をテキストで報告します。高速 AIエンジンを使用して、人々に観察したものを通知します。 これによって監視人員コストの大幅な削減が見込めます。

  • DOORs (ダイレクトオブジェクト指向リアリティシステム)技術とは、MLと3Dモデリングに焦点を当てたリアルタイムAIソリューションです。
  • DOORsカメラは、三次元測定のために1~3つのカメラ入力をサポートすることができます。
  • DOORsカメラのパッシブデザインは、複数の同期カメラ入力の三角測量から三次元の深度情報を学習します。

Revatronは、世界初のスマートカメラソリューションを開発しました。このスマートカメラソリューションは、チャットやテキストメッセージを送信することで、「何を見たか?」を報告します。 カメラには、周囲のオブジェクトの三次元構造を学習するリアルタイムAIエンジンが組み込まれています。 カメラは学習した三次元情報に基づいてオブジェクトを分類し、AIエンジンを使用して、ユーザーに見ているものをテキスト化して伝えます。 Revatronのカメラは、オブジェクトの説明、位置、速度、およびオブジェクトが関心のあるものであるかどうかを伝えることができます。

このカメラは、機械学習と3Dリアリティモデリングに焦点を当てたリアルタイムAIソリューションであるRevatronのDOORs (Direct Object-Oriented Reality system:ダイレクトオブジェクト指向リアリティシステム)技術に基づいています。 DOORsカメラと呼ばれるRevatronのカメラのリアルタイムAI機能は、株式会社ソシオネクスト製のA11プロセッサ上で実行され、FPGAチップをアクセラレータとして使用します。 カメラは、三次元測定のために1~3つのカメラ入力をサポートすることが可能です。 DOORsカメラのパッシブデザインは、複数の同期カメラ入力の視差計算から三次元の深度情報を学習します。 カメラ入力が1つのみの場合、カメラは自身の移動経路を基に三角測量を行います。

今日の機械学習アプライアンスの多くは、既に収集されて保存されているデータを使用してクラウドデータセンターの施設内で実装されています。 このアプローチの課題は、膨大な生データを分散されたデバイスからデータセンターに効率的かつ安全に移行する方法です。 プライバシーの保護は、データセンターへの送信中に個人情報を保護することで、DOORsカメラによって達成されます。 DOORsカメラは、注意喚起のためのアラートを提供し、必要に応じてユーザが非公開かつ安全にビデオや画像を確認できるようにすることで、カメラの機能を向上させます。

DOORs – AIの世界への入口

DOORs(Direct Object-Oriented Reality)は、世界中の画像、動画、三次元データ及びその他のオブジェクトを示すための画期的な方法です。 このオブジェクトベースのデータシステムは、全ての情報をオブジェクトの位置、動き、三次元構造及び動作を正確にキャプチャするディスクリプタに変換します。 このデータシステムは、機械と人間の両方に対応するように設計されており、高度な学習能力を備えたリアルタイムAIエンジンを使用して変換を実行し、精度、熟練度、効率を向上させます。

かつては、人間が絵を描き、文字を書くことで物事を記録しました。 そして約200年前、カメラが発明され、約100年前にビデオカメラの導入によって画像に動きと時間が追加されるまで、写真は画像を記録するための最も高度な技術でした。 さらに100年が過ぎた今、AIは私たちの世界の音、写真、映像を学び、DOORsがAIの時代に歓迎される道を開くことで、ますます日常生活に加わっています。

DOORs技術は、3Dキャプチャ、3Dモデリング、3Dレンダリングの3つの主要部分で構成されています。 DOORs 3Dキャプチャは、標準的なビデオキャプチャが提供できるもの以上の視覚情報収集のために、オブジェクトの詳細を収集します。 DOORs 3Dモデリングは、DOORs 3Dキャプチャによって収集されたオブジェクト情報と、時間の経過とともにその動きや変化を含む時間スケールを使用して、コンピュータ内の現実をデジタルでモデル化します。 DOORs 3Dレンダリングは、ユーザが望む方法でDOORs 3Dモデリングでモデル化された現実を再現します。

DOORs技術は、情報収集、処理、反応がこれまでにないサービスや経験を可能にする新リアリティ時代を作り出します。 このアプローチにより、ハイパースケーラのクラウド・インフラストラクチャ・プロバイダは、より高度で楽しい経験を提供し、売上高と収益性を向上させることによって、新しい業界や市場に迅速かつ容易に参入することができます。 ハイパースケーラのクラウドプロバイダーは、既存のインフラストラクチャ投資のために新リアリティ時代を最大限に活用する立場にあります。 しかし、これらの要素には現在、新リアリティ時代に突入するために必要かつ重要なDOORs対応のサーバとカメラはありません。

Revatronは世界初のDOORs対応カメラとクラウドビデオサーバを提供し、事実上のDOORs規格を作り上げます。 DOORs技術は、カメラが見ているもののテキストディスクリプタを、クラウド施設にAIエンジンを使用して安全かつ非公開に見たものを伝えます。 Revatronは、DOORs規格を制御する独自の差別化技術とともに、この発起人としての利点を活用し、次世代のDOORs対応デバイスの設計と開発を常にリードします。 Revatronにはコスト効率の高いテクノロジーが既に存在し、商用および防衛の量産展開が実証済みであるため、実現可能です。

マシンビジョンのためのDOORs技術

リアルタイムでオブジェクトの
距離と動きを学習します
  • ダイレクトオブジェクト指向リアリティシステム(DOORs)には、リアルタイムの3Dキャプチャ、3Dモデリング、3Dレンダリングが含まれます。
  • DOORsカメラシステムは、動画ではなくオブジェクト情報を生成する1つまたは複数のレンズで構成されるマシンのための3Dキャプチャデバイスです。
  • DOORカメラシステムは、リアルタイムで自由視点の3Dデプス、輪郭ビデオ、動的オブジェクトおよび静止オブジェクト、ポイントクラウドを生成します。
  • DOORs 3Dモデリングシステムは、時間と空間の両方の点群画像を結合して精度を向上させます。
  • DOORs 3Dレンダリングシステムは、視聴者の好みに基づいて、リアルタイムの自由視点映像をレンダリングできます。

DOORs 3D Camera System


DOORs 3D カメラシステムを使った3Dキャプチャ

  • マルチカメラストリーミング入力
  • 高解像度、高フレームレート
  • ハードウェアですべてのビデオステージが完成
  • インスタント3Dビュー
  • 多くのビデオカメラセットに拡張可能

How It Works – DOORs 3D カメラシステム


Stereo Camera

物体距離は、ステレオカメラの三角測量によって決定することができます。
2つのカメラ間の距離(W)は、より良く測定するために変更可能です。

測量領域の3D構造は、移動経路上の異なる位置で撮影された複数の3D画像によって測定できます。

ステルスレーダーは、フレーム間のフィルタリングを通して、移動可能なオブジェクトを静止したオブジェクトからリアルタイムで簡単に切り分けることができます。
適応フィルタリングは、一定の移動速度以上のオブジェクトを識別します。

ステルス変更可能な瞬間レーダーは、カメラの動きをリアルタイムで自動的に追跡できます。
モーションデータは、GPSまたは他の位置決めデバイスから組み合わせて、動く物体と静止した物体の正確な3Dマップを生成することができます。