• 「何を見た?」を知らせるカメラ ― 見ているものをテキストで送信

Revatronは、エッジ・コンピューティング、データセンターと両方で利用できる低消費電力型リアルタイムAIアクセラレータの開発に重点を置いています。セル構造型コンピュータチップ設計のエンジニア・チームによって設立され、アプリケーション特化型高速プロセッサからトータルソリューションまでを開発しています。

Revatronは、従来の価値観を覆すような技術の提供、導入、および商業化により、革新的な卓越性を実証しました。

―インターネット・トラフィックを学習し、ネットワークパケットサイズとセッション設定を最適化することで、50ミリ秒以内にインターネット上でビデオとデータを配信できる、リアルタイムAI駆動のエンドツーエンドネットワーク伝送システム。

―各AIフレームで学習エンジンを使用して、ステレオ画像から1ミリ秒以内にオブジェクトの深度や動きを覚えることができる、人間の目のように対象を認識できるカメラ。

米国Intel社の元CEO、ブライアン・クルザニッチ(Brian Krzanich)氏は、Intel ISDF 2016でRevatronの3D技術の発表を行いました。Revatronの技術は、ISDF 2016ショーケースでも紹介されました。